海外、ヨーロッパ在住組みの一人として既に他の方々と重複しない僕自身の感じた 秋山さんの考え、心の一部を語らせていただきます。

羨ましいです、秋山さんは自分の仕事に楽しみながら仕事をします

北京の患者様 1983

1957年 7月12日生まれ

1964年 聖マリア幼稚園卒園

1970年 沼津市立第三小学校卒業

1973年 沼津市立第三中学校卒業

1976年 静岡県立沼津市北部高校(現沼津市城北高校)卒業

高校在学中15才のとき武道家の指導を受け整体をはじめ、

18歳からプロとしてスポーツマッサージを開始。

同年呉竹針灸専門学校入学

1979年 呉竹針灸専門学校卒業 同年静岡市呉服町に開院

千葉県和田町に分院

沼津市の病院にて針灸の指導および治療

1982年、訪中1983年北京市安定門医院にて勤務

1984年 現在地にて我入道針灸院本開業

小学校養護教諭の依頼を受け児童の健康管理、治療法の講演指導

1985年 東京都新宿分院開業

1986年 カイロプラクッティックの習得のため渡米 一年滞在後渡韓

後渡中国気功等学習後1988年帰国

1988年 治療院再開

1989年 世界医療の学習のため離日

1992年 帰国 同年より米国での経験からカウンセリング、遠隔での医療(気功、ヒーリング)を取り入れ現在に至る。

秋山さんへ

お早う、御座います.

応援できるなら、写真でも文章でも。。。を掲載構いませんです.

掲載出来たら、webサイトこちらに教えてもらえませんか?

カシオ電子(シンセン)有限公司 

秋山さんへ

羨ましいです、秋山さんは自分の仕事に楽しみながら仕事をします.

きっと、毎日笑顔うえにやる気が1杯で疲れる感じがぜんぜんがありません.

もひとつの楽しいは他人の困難が解決できること、他人に感心/感謝られるです.

SURPORTしたいんですが手が届けません、そちらは日本ですから.

でも神様はいい人を守る、神様は応援します.

無論、中国に来たら、第一に参加しましょう。。。。。

 Dr Lain st,louis MO 1986

ミラノ在住 藤巻 茂一さん

海外、ヨーロッパ在住組みの一人として既に他の方々と重複しない僕自身の感じた

秋山さんの考え、心の一部を語らせていただきます。

現在イタリアのミラノに住んでいます。既に在住15年になります。

こちらへ来た当初、日本のマッサージや整体を組み合わせた療法を用いて仕事をしておりました。

今はマッサージ等を本業としてはいないのですが、昔の知り合いを通して今も頼まれる事は

よくあり、その時その人の痛みがどこか、正確にすぐにわかりびっくりされました。

実はその時、痛みは僕も感じていたのでした。

正直いつの間にか習慣的に他人の痛みが伝染する苦痛ということに、どう対処したらいいか、

これは秋山さんにしか相談できない事と思い、聞きました。

彼の答えはひとこと、一流といわれたかつてのこの分野の人で、そういう悩みを持った人は聞いていませんといわれました。説明すると長くなりますが、はっ!とその一言で、

自分が本道から外れたところを歩いていると気づいたのです。

彼には一般に見えないというものを見て、感じる事ができます。さらにそのひとことで、

僕は目が覚めたようにその痛みが実際存在していたかどうかはわかりませんが、

感じる必要のない物として分かってから、全く感じなくなりました。

その後、自分を彼に診てもらう事もありますが、彼の生き方の根本には他人に尽くすには、

その命を投げ出す用意すらあるという不動の心構えがあるように感じてなりません。

その心が、他の方々のコメントにあるような一見奇跡のような出来事を起こしていると思います。

これからも成長には限界がないという基本精神で秋山さんを心の師として、いつか必ずかつての本業に戻り、その気持ちと技で自分を必要とする人と接していければ本望かなと感じるここ最近です。


釜山大学金教授 1987 

0コメント

  • 1000 / 1000

秋山気功院のふしぎな気功と癒し ■好評 気功教室

気功を生かす毎日 本物さがし 幸せ ちゆ いやし 今日から未来へ 過去は財産 今日は真美 明日はあなた自身